将来のために知っておきたい「家の相続」

将来のために知っておきたい「家の相続」




家の相続~名義変更


家の相続

相続は、財産をあげる人もらう人の意思とはかかわりなく、
人が亡くなると自動的に始まります。

このように土地や家の相続などは突然やってきますが、
相続した土地や家は名義変更をしなければなりません。

亡くなった方の土地や家の不動産の名義を変えるには 、
相続人が全員で話し合いをして
誰の名義にするのかを決める必要があります。

こうやって相続人全員で話し合うことを遺産分割協議といいます。

土地や家などの相続によって名義を変更するには、
まずは遺産分割協議をしなければなりません。

その協議は、
相続人が全員一か所に集まって話し合うという決まりはありませんので、
相続人同士の手紙や電話、Eメールといったやりとりでも
遺産分割協議を成立することができます。

話がまとまれば遺産分割協議書を作成し、
この協議書には相続印全員で協議したことと、
家などの不動産の登記簿事項証明書を書き写しておきます。

この文言のない遺産分割協議書は法務局に無効と判断されてしまい、
名義変更ができなくなります。

そして、相続登記に必要な書類=亡くなった人の戸籍謄本や除票、
相続人全員の印鑑証明や住民票、固定資産評価証明書、
不動産全部事項証明書、遺産分割協議書などを揃えて、
法務局で相続登記申請書を作成し提出すると、
土地や家の不動産の名義変更の書き換えが完了となります。

それまでどれだけ仲が良かった兄弟でさえ、
親の遺産を巡ってもめる家庭も少なくありません。

親の遺産をあてにせず、副業で利益を上げるのもおすすめです。

FXの口座開設キャンペーンならキャッシュバックが貰えます。



最新記事



 



TOP

家の相続
~相続税


家の相続
~親族との関係


家の相続
~行政書士


家の相続
~生前贈与がオススメ!


 

©2014 将来のために知っておきたい「家の相続」 All rights reserved.